長時間訪問(その2) エサ場でのエサやりの方法

エサ場にやってきました。ここでのエサやりは自由です。エサのやり過ぎに注意をして、ネコたちにエサをふるまって下さい。

キャッツフードはコンクリートの上にばらまいた方がネコたちは食べやすいです。ネコたちの爪に気をつけて、エサを与えて下さい。

冬場、前日まで定期船の欠航があった日の朝のエサ場では、ネコたちはお腹を空かしています。がつがつ食べます。

えさやりの時間の目安です。

(1)朝 8時50分 ~ 9時10分頃  この後10時 ~ 11時頃 猫たちは昼寝の時間になります。

(2)お昼ご飯時 11時30分 ~ 12時頃 この後、猫たちは昼寝の時間になります。

(3)午後3時 ~ 3時20分頃 第2便の船で青島にやってきた人たちがエサを与えます。

上記以外の時間でも、エサ場ではネコにエサを与えることが許されています。

 


ネコたちは、食事の後は、昼寝の時間となります。

エサやりが終了したら、青島を探検しましょう。おすすめコースは (A)島の東側 (弁天崎方面) と (B)島の西側 防波堤方面 です。(A)島の東側方面は 長時間訪問(その3)で、(B)島の西側方面は 長時間訪問(その4)で詳しくご紹介しています。