長時間訪問(その4) 西の方面 防波堤の方面

長時間訪問 (その4)エサ場から西の方面 防波堤に行こう

朝から青島に来られた方は、帰りの船まで、たっぷりの時間があります。エサ場から防波堤の方向と西の方面を散策してみましょう。

エサ場からすぐ西の方向に歩いていくと、昔、商店だった建物があります。ガラス越しに「たばこ」の文字が見えます。10mほど歩くと三叉路があり、左に歩くと防波堤の方向に行けます。 右に行くと約200mほど歩くと海岸にでます。最初に防波堤に向かうことをお勧めします。

 

 


三叉路を南方面(四国本土方面)(エサ場から見て左側)に進めば、防波堤に行くことができます。


ご注意!

防波堤に近い家には、島民の方が住んでおられます。グループで防波堤に向かわれる際は「おしゃべり」はやめて、静かに歩いてください。また、ご自宅の玄関、居間が写りこむような写真撮影はおやめ下さい。

防波堤に近い家の庭にも、たくさんのネコがいます。ご自宅が写らないよう注意をして、写真撮影を行ってください。また家の方(島民の方)がおられましたら、写真撮影のご了解を頂き、写真撮影を行ってください。

もう少しで、防波堤です。猫たちを防波堤に誘うには、猫じゃらし や 猫用スナックを見せたり、猫用のエサの空袋をカシャカシャと音をたてて、ネコたちを誘いましょう。

 

 

防波堤がみえてきました。 

 

 

ここからは、ネコたちを引き連れて、防波堤に向かいます。風がつよいので、帽子が飛ばされないように、十分に注意をしてください。海に落ちないよう、写真撮影の際は注意をしてください。

 

海をバックに写真を撮ると、猫がきれいに撮れます。できれば、ここでレジャーシートを敷いてネコたちと、たっぷりと遊んでください。

時間があるようでしたら、島の西側方面に歩いて行きましょう。でも、あまり見るところはありません。こちらの方面には猫もあまりいません。エサ場近くの三叉路を西の方向に歩きます。廃屋が多いです。

200mほど歩くと、海岸に出てきます。